本の紹介 読書

【長田弘さんのおすすめの詩集】「一日の終わりの詩集」長田弘

今回は私が敬愛してやまない長田弘さんの詩集から、「一日の終わりの詩集」をご紹介したいと思います。

長田弘さんはこの作品を2000年にしたためられました。

一日の終わり、皆さんはいつもどう過ごされますか?

同居人がいる方も、そうでない方も、眠りにつくその瞬間はひとりです。

心を落ち着かせ、一人の時間を大切にしたい。

そんな時に紐解きたい一冊です。

この本を読んでいただきたい方

・寛ぎを求める方
・大切なものがある方
・本をプレゼントしようと考えている方

 

時間の最小単位

一日というのは、私たちが過ごす時間の最小単位です。

もちろん時間や秒といった単位があるのを知っていますが、そのうえでやはり時間の最小単位は一日だと思うのです。

 

なぜなら、私たちは基本的に朝起きて夜に眠ります。

夜に眠ると、そこでリセットされるので、日をまたいだ計画を立てることはありませんよね。

人間の恒常性を保つためには、このルールを大きく逸脱することはできません。

 

そんな時間の最小単位である一日が終わるときは、なるべくくつろいだ心持でいたいですよね。

一日が終わるその時も緊張していたり、興奮していたら疲れてしまいます。

 

心が落ち着いていて、もうすぐ一日が終わるそんな時、長田弘さんの詩がより充実した時間をプレゼントしてくれます。

 

長田弘さんの詩は、一貫して寛ぎのための詩だと思います。

 

「言葉」という詩から一部抜粋します。

人をちがえるのは、ただ一つ
何をうつくしいと感じるか、だ。
こんにちは、と言う。ありがとう、と言う。
結局、人生でいえることはそれだけだ。

(「一日の終わりの詩集」(長田弘)(ハルキ文庫より一部抜粋)

一日の意味

タイトルにある「一日」はより長い時間の区切りにおいても、当てはまると思います。

  • 一週間の終わりの詩集
  • 一年の終わりの詩集
  • 一世紀の終わりの詩集
  • 一生の終わりの詩集

 

何かが終わり、何かが始まるとき、心は凪いでいます。

心の輪郭をなぞる長田弘さんの言葉に、満たされずにはいられません。

 

本作品に限らず、長田弘さんの詩集は贈り物としても適しています。

ぜひ一度手に取って、たとえ一編の詩でも読んでもらえたらと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

>>あわせて読んでほしい

【くつろぎたい方に】「世界はうつくしいと」 長田弘

【世界の見方を変えたい方に】「夜空はいつでも最高密度の青色だ」最果タヒ

-本の紹介, 読書
-