本の紹介 読書

【人生で大事なことを知りたい方に】「言葉の贈り物」若松英輔

この記事では若松英輔さんのエッセイ「言葉の贈り物」(亜紀書房)を紹介します。

若松英輔さんは1968年生まれ、新潟県糸魚川市出身の批評家・随筆家です。

若松さんはとても言葉を大事にされる表現者です。

人が生きていくうえで大切なことを、難しい言葉を用いずに、また奇をてらった表現も用いずに紡ぎだします。

エッセイであって、詩であり、歌でもあるような唯一無二の表現をされます。

本書「言葉の贈り物」は、そんな若松英輔さんが、人生で大事なことを24のエッセイで書き記したものです。

真理をつくものに、余計な装飾はありません。

シンプルで洗練された言葉をプレゼントしてくれます。

この本を読んでいただきたい方

・人生で大事なことを知りたい方
・美しい日本語に触れたい方
・近々誰かに手紙を書こうとしている方

☑愛し(かなし)

本作品は贈り物という言葉が表題に入っていますが、決して明るく、希望に満ち満ちた内容ではありません。

現実は、いつも残酷なものです。そう思わないでしょうか。

真実は時に人を傷つけることを、身をもって経験したことがあります。

 

大学時代に同じ部活で汗を流した仲間と、忘年会をした時のことです。

詳細は述べませんが、ある友人が言った考えに違和感を覚えました。

お酒の席で酔いが回っていたこともあり、私は自分がこれまで考えて得た思想を、相手を批判するように言ってしまいました。

「これは人それぞれの問題だから、何が正解かは人による」というようなものではなく、一般的な最適解がすでに得られているような事柄でした。

私は自分が得ている最適解を悠然と語り、満足し終えて友人の顔を見た際、後悔の念にさいなまれました。

自分は真実を教えることが優しさだと勘違いしていましたが、そうではないこともあるのだと知り、己の未熟さを猛省しました。

この出来事以降、

  • 自分が世の真理と思えるような思想でも、あまり人には言わないほうがいい
  • 自分の頭の中にある考えを、人に伝えることは難しい

と感じるようになりました。

☑言葉の護符を贈る

ところが、私が難しいと感じたことを体現している本に出合いました。

それが「言葉の贈り物」です。

私が一人で落ち込んでいる一方で、これほどに(こう言っていいなら)シンプルな言葉づかいで真実を述べている本があったとは。

もっと早く若松英輔さんの書籍に出会いたかった。

いや、遅いなんてことはないはずで、むしろ幸運です。

若松英輔さんとの運命的な出会いを確信したのは、一つ目のエッセイ「言葉の護符」です。

愛する者には言葉を贈れ
その人を守護する
言葉の護符を贈れ
朽ちることなきものを
捧げたいと願うなら
言葉を贈れ
願いを込めた言葉ではなく
無私なる祈りにつらぬかれた
言葉を贈れ
その生涯を祝福する
言葉の護符を贈れ

苦しい出来事があって、立ち上がることが困難なときでも、私たちは一つの言葉と出合うだけで、もう一度生きてみようと感じられることがある。
別な言い方をすれば言葉は、人生の危機において多くの時間と労力を費やして探すのに、十分な価値と意味のあるものだともいえる。

(若松英輔「言葉の贈り物」より抜粋)

このように、大切な人には言葉の護符を贈れ言う著者が書いた、「言葉の贈り物」というエッセイ。

若松英輔さんのコトバは、まさに言葉の護符として我が家の本棚に祀られています。

若松英輔さんの「コトバ」の真意を、一度で繙くことはできないでしょう。

何度も触れることで、沸き起こる感情は成熟していくように感じます。

この本を人にプレゼントすることも、言葉の護符を贈ることになるでしょう。

自分自身のために、大切な人のために、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

>>あわせて読みたい

【おすすめ読書】「超訳 ニーチェの言葉」フリードリヒ・ニーチェ

【おすすめ読書】「世界はうつくしいと」 長田弘

-本の紹介, 読書
-, ,